食・土産

小笠原の秋の味覚・ローゼルが旬です!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
ローゼル写真1

【ローゼル】って聞いたことありますか。。。?

そうですね、
知らないっていう方のほうが多いと思います。。。

では、【ハイビスカス・ティー】は??

こちらは聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

この【ハイビスカスティー】に使われているのが【食用ハイビスカス・ローゼル】なのです。

小笠原で旬を迎えた【ローゼル】の魅力をお伝えします!

ローゼルってどんな植物?

【ローゼル】とは、一言でいえば【食用ハイビスカス】です。

植物の分類においてはアオイ科・フヨウ属で、ハイビスカスやオクラと同じ仲間になります。

南国を象徴する花・ハイビスカスとネバネバ野菜代表格のオクラが同じ仲間だなんて、初めて聞いたらビックリしちゃうかもしれませんね(笑)

そこで、花の写真を比べてみましょう。

小笠原の路上に咲くハイビスカス

ローゼル写真2

オクラ

ローゼル写真3

ローゼル

ローゼル写真4

乙女心を刺激されるルビーカラーに甘酸っぱい味と香り、言葉にするだけで女子力上がる(!?)『ハイビスカスティー』は、観賞用のハイビスカスではなく、実はこの【ローゼル】が原料なのです。

ローゼルの可食部分

ローゼル写真5

ローゼルは花が咲き終えた後に、花弁の外側が大きくなって種を包みます。

この、種を包んでいる赤い部分が食用にされる部分です。

原産国は熱帯地区

ローゼルは、インドやマレーシア・西アフリカが原産と言われています。

17世紀に西インド諸国や中南米でオクラと共に栽培されるようになり、世界各地の熱帯地方に分布しています。

<引用元:Wikipedia>

小笠原での収穫期

小笠原での収穫期は9月下旬から約1ヶ月。

収穫期が短いこと、父島・母島共に数件の農家さんしか栽培していないことにより、希少性の高い食材になります。

ローゼルに含まれる成分とその効能

乙女心が刺激されるルビーカラーのローゼルには、女性にうれしい成分がたくさん含まれています。

【お肌がよろこぶビタミンC】

小笠原の夏の日差しは強烈です。
お肌にも夏の疲れが出てくる頃に収穫期を迎えるローゼル。
ビタミンCは、メラニン色素がシミやソバカスになる前に、身体の内側から働きかけます。

【抗酸化作用のあるポリフェノール】

ローゼルの赤い色は、アントシアニンというポリフェノールの色素です。
ポリフェノールは、体内の活性酸素を抑えて血液をきれいにしてくれる作用があります。

【むくみ解消に役立つカリウム】

カリウムには利尿作用があるので、体内の余分な水分を排出してくれます。
身体のむくみを解消する働きがあるのです。

【疲労回復効果のあるクエン酸】

梅干しやレモンなど、疲れたときには酸っぱいモノを食べますよね。
ローゼルの酸味はこのクエン酸なのです。

ローゼルの食べ方

【ローゼルティー(ハイビスカスティー)】

ローゼル写真6

絶世の美女と言われるクレオパトラも好んでいたと言われる『ハイビスカスティー』

生でも乾燥させたものでも、見ているだけできれいになれそうな美しい色のハーブティーに仕上がります。

ローゼルだけだと酸っぱいので、はちみつやお砂糖で甘みを加えると飲みやすくなりますよ!

【ローゼルジャム】

ローゼル写真7

さわやかな酸味のあるジャムに仕上がります。

ヨーグルトにあわせるとピッタリ♥

【塩漬け】

ローゼル写真8

細かく刻んで塩に漬ければ、2・3日で仕上がるローゼルの塩漬け。

これをごはんに混ぜたローゼルおにぎりは、梅干しよりもさわやかな酸味。

身体の疲れも回復しますよ!

島内でローゼルを味わう・手に入れる

小笠原の食材としては新参者のローゼルですが、積極的にメニューに取り入れる飲食店やお菓子屋さんも出てきています。

ローゼル写真9

くずもち・ローゼルトッピング 550円 あめの日食堂

ローゼル写真10

ローゼルおにぎり 130円 フクフーズ(生協・佐藤商店でも販売)

ローゼル写真11

ローゼルジャム TOMATON 475円

ローゼル写真12

ローゼルのレアチーズケーキ 350円 マーメイドカフェ(JA直売所にて販売)

ローゼル写真13

ハイビスカス・ティーソーダ 600円 マーメイドカフェ

ローゼル写真15

アイスハイビスカスティー 550円 ハートロックカフェ

ローゼル写真14

生ローゼル(!?)は小笠原生協にて販売しています。

収穫時期も短く収穫量も少ないローゼルですが、女性にとっては魅力的な効能がたっぷり含まれています。

夏の繁忙期や秋のシルバーウィークを過ぎた10月頃に島を訪れる方は、小笠原の新たな味覚【ローゼル】をぜひ味わってみてくださいね!

マーメイドカフェ

Mermaid Cafe オーナー

あらいたかみ

小笠原の海に魅せられて、1998年より小笠原に移住。
ダイビングインストラクターとしての仕事を引退した後、少女の頃の夢『手作りケーキとおいしいコーヒーの店』を移動販売車で始める。

小笠原の生活を綴ったブログ『マーメイドのひとりごと』公開中

Instagram:mermaid__cafe
Facebook:Mermaid Cafe(マーメイドカフェ)

https://www.facebook.com/chat.chatty.mermaid/